初期と中期|中絶手術にかかる費用と手術内容を知っておこう|手術の疑問を解消
ドクター

中絶手術にかかる費用と手術内容を知っておこう|手術の疑問を解消

初期と中期

病院

人工的な手術や薬などによって妊娠を中絶させることを、人工妊娠中絶と言います。母体内で死亡した場合は流産と言い、人工妊娠中絶とは異なるものです。人工妊娠中絶は、母体保護法で母体健康上の理由や経済的理由、性被害などの理由が認められています。このような理由以外での人工妊娠中絶は認められていないので、誰でもできるわけではないのです。東京の病院で人工妊娠中絶を受けられるのは、妊娠5週~妊娠22週未満までと決められています。22週目以降になると、母体保護法で人工妊娠中絶をすることを禁止しています。22週に近づけば近づくほど、母体への負担は大きくなります。ですから、なるべく負担を抑えるためにも、早い段階で決断すべきです。12週未満までに行なう初期中絶なら、比較的体への負担が少ないです。

人工妊娠中絶を東京で行う場合は、母体保護法指定医を探すと良いでしょう。母体保護法指定以外の病院では、行なうことができないので注意が必要です。東京の指定はインターネットで簡単に探すことができます。東京には多くの病院があるので、評判や口コミなども参考にすると選びやすくなります。人工妊娠中絶は、大掛かりな手術が必要と思われがちですが、内容によっては入院が必要ないこともあります。ただ、麻酔の影響で体は思うように動かなくなってしまうので気をつけるべきです。自宅からの距離が近い病院なら、家に帰りやすいので手術後も安心です。